お掃除の工夫あれこれ




清潔感・命!のあなたは、
やはりトイレの水まわり。
スペースは狭いけど、
掃除する部分はいっぱい。
ここが腕の見せどころ。

悪臭は見えない場所からにおうもの。
フタの裏側や便器の足下、便座の縁の内側をチェック。あなたの細やかな注意力がここで活躍するハズ!

ブラシが届かない便器の内側に挑む
ゴム手袋の上から軍手や古いソックスを重ねて手でこする

 
ひどい汚れは
ひどく汚れた部分に
トイレクリーナーを染み込ませた
トイレットペーパーを湿布します。
 
 
10分ほど待ってから、水で流します。
 
   
  フラッシュマン・デュオで尿石防止

尿石派、汚れ、悪臭、細菌の繁殖の元になり、配水管に付着すると目詰まりの原因ともなります。しかも、そのまま放っておくとしだいに増え、除去するのが大変困難になります。

フラッシュマン・デュオは男性用トイレを自動的に洗浄して日頃から清潔に保ちます。
 
 
  • 押しボタン式トイレが、簡単にセンサー式に変わります。
  • ノータッチセンサー式だから、いつでも清潔・快適です
  • 自動的に薬剤による洗浄が行われ、尿石の付着を防止します。
 
 




ガラス用洗剤はオールマイティー!
窓ガラスはもちろん、照明機具、
スチール棚などにも使えるつよーい味方。
さぁ、一気にいきましょう!





 ●コンピュータや、電気製品の汚れは
 故障の原因となりますので、直接スプレー
 するのはやめましょう。
 乾いたぞうきんに軽くガラス用洗剤を
 吹き付けて拭いて下さい。
 ※電気製品のお掃除は、必ずコンセントを抜いてから行いましょう。

ブラインドにチャレンジ!

1.ゴム手袋の上に軍手を重ねてはめる。
ゴム手袋の口を少し折り返しておけば、液だれで腕が汚れるのを防ぎ、着脱もスムーズ。

2.ブラインドにガラス用洗剤をスプレーし、
ブラインドをつまむようにしてずーっとすべらす。

3.バケツに用意したきれいな水の中に手を入れ、すすぐ。

4.手を組むようにして絞り、2に戻る。




細かな配慮もバッチリ。
用意周到なあなたはキッチン系の
水まわりがおすすめ。



蛇口みがきにストッキング
凸凹した掃除しにくい場所は歯ブラシで磨くのが一般的。でも場所によってはストッキングが威力を発揮します。力いらずでサッとキレイに。

労力・時間・洗剤を節約!ティッシュで湿布換気扇などのガンコな汚れにはこれがテキメン。

こびりついた汚れにティッシュをかぶせ、

上から油汚れ用合成洗剤を吹きかけ、
数分待つ。

ティッシュが横に動きやすくなったら、
そのティッシュで汚れをゴシゴシ。
手強い汚れが落ちていく姿は快感かも。



くすんだレンジフードをピカピカに!
ガラス用洗剤+新聞紙

「油汚れ用合成洗剤を使ってキレイにしたハズなのに輝きがない」こんなレンジフードのくすみには、ガラス用洗剤をひと吹き。

その後すぐに軽く丸めた新聞紙で拭き取ると、まぁ、ピッカピカ☆

新聞紙ボールは汚れたらすぐ交換できるようにたくさん用意して、思う存分拭きましょう。



レンジ回りのしつこい汚れの助っ人。
ペットボトル

ペットボトルや洗剤の空き容器を斜めにカット。

取れないコゲツキやベタベタ汚れをゴシゴシ削り取る。
※後の作業はラクラク、洗剤も節約できて一石二鳥。





パワー炸裂!体力勝負、のあなたは
やはりフロアのワックスがけ。






ワックスがけは手順が決め手。

1.まず、サニモップでホコリをきれいにとります。

2.古いワックス、ガンコな汚れはサニクリーナーで落としましょう

3.洗剤をきちんと取り除くためにも、水拭きは3回以上やりましょう。

4.床をしっかり乾かす、これがムラなく仕上げるコツです。

5.仕上げはワックス。
部屋の奥から入口に向かって薄くムラなく塗ります。

6.いったん乾かして二度塗りすれば、
ピッカピカ☆